専門学校で学ぶ利点


医療系専門学校で目指せる職業の多くは、医療系の大学や、大学の医学部や看護学科に進むことによっても、目指すことが可能です。そのため、専門学校と大学のどちらに進学するか悩まれる方もいらっしゃると思います。専門学校を選択した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

専門学校医療系の専門学校と大学の一番の違いは、卒業までにかかる期間です。大学の課程は4年間で、1年目に一般教養課程を学び、その後専門課程に分かれていきます。一方、専門学校の医療系コースの場合、多くの課程は2~3年で修了します。大学よりもきっちり定められたカリキュラムの中で、理論から実習、国家試験対策まで、1年目から専門的な内容を集中して学びます。大学に進学するよりも短期間で資格取得を目指すことができ、早く医療現場で働けるようになる点が、専門学校を選ぶ最大のメリットと言えます。

また、専門学校ならではの強みは、業界とのつながりを活かして、医療機関への就職をサポートしてくれる点です。実際に就職率も高く、医療系コースに人気が集まる要因となっています。

医療系に限らず、専門学校には夜間部を設けている学校も多くあります。社会人として働きながら資格取得を目指すことができ、学費も安く抑えられる点もメリットです。転職のためのスキルを身に付けたいと考えている社会人の方も、専門学校のオープンキャンパスなどに是非一度足を運んでみて下さい。