カリキュラム内容


医療系の専門学校では、具体的にどのようなことが学べるのでしょうか。医療関連の事務職として女性に圧倒的な人気のある医療事務・医療秘書コースのカリキュラムを例に挙げてみたいと思います。

医療事務コースは、医療に関する知識を基礎から学び、診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指します。また、実習を通して病院内の仕事の仕組みと内容を理解し、病院でのサービスを確実に身に付けます。医療請求事務をはじめ、医療関連の法律や手話など、病院での勤務に必要な知識も得ることができます。

 医療秘書医療秘書コースには、病院受付、電話応対、患者への接し方、スケジュール管理、ファイリングなどさまざまな秘書業務を学んでいく「秘書概論」などのカリキュラムがあります。病院ボランティア実習も行い、患者さんに接することでコミュニケーション能力を高めます。また、就職の際に有利と言われる、医療秘書技能検定の合格を目指します。

医療事務・秘書関連の資格自体は、通信教育でも取得が可能ですが、専門学校で学ぶメリットは、病院での様々な実務を実習によって学べる点や、就職の際にサポートが受けられるという点にあります

ご紹介したように、専門学校で学べる内容は、医療現場での即戦力となる人材を育てることに特化しており、実務に直結する知識と体験を得られます。実際の業務を知る上でも良い経験ができるので、ご興味のある方はぜひ資料請求を行ってみて下さい。

【関連リンク】専門学校で学ぶ – 大原学園専門学校