カリキュラム内容

医療系の専門学校では、具体的にどのようなことが学べるのでしょうか。医療関連の事務職として女性に圧倒的な人気のある医療事務・医療秘書コースのカリキュラムを例に挙げてみたいと思います。

医療事務コースは、医療に関する知識を基礎から学び、診療報酬請求事務能力認定試験の合格を目指します。また、実習を通して病院内の仕事の仕組みと内容を理解し、病院でのサービスを確実に身に付けます。医療請求事務をはじめ、医療関連の法律や手話など、病院での勤務に必要な知識も得ることができます。

 医療秘書医療秘書コースには、病院受付、電話応対、患者への接し方、スケジュール管理、ファイリングなどさまざまな秘書業務を学んでいく「秘書概論」などのカリキュラムがあります。病院ボランティア実習も行い、患者さんに接することでコミュニケーション能力を高めます。また、就職の際に有利と言われる、医療秘書技能検定の合格を目指します。

医療事務・秘書関連の資格自体は、通信教育でも取得が可能ですが、専門学校で学ぶメリットは、病院での様々な実務を実習によって学べる点や、就職の際にサポートが受けられるという点にあります

ご紹介したように、専門学校で学べる内容は、医療現場での即戦力となる人材を育てることに特化しており、実務に直結する知識と体験を得られます。実際の業務を知る上でも良い経験ができるので、ご興味のある方はぜひ資料請求を行ってみて下さい。

【関連リンク】専門学校で学ぶ – 大原学園専門学校

専門学校で学ぶ利点

医療系専門学校で目指せる職業の多くは、医療系の大学や、大学の医学部や看護学科に進むことによっても、目指すことが可能です。そのため、専門学校と大学のどちらに進学するか悩まれる方もいらっしゃると思います。専門学校を選択した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

専門学校医療系の専門学校と大学の一番の違いは、卒業までにかかる期間です。大学の課程は4年間で、1年目に一般教養課程を学び、その後専門課程に分かれていきます。一方、専門学校の医療系コースの場合、多くの課程は2~3年で修了します。大学よりもきっちり定められたカリキュラムの中で、理論から実習、国家試験対策まで、1年目から専門的な内容を集中して学びます。大学に進学するよりも短期間で資格取得を目指すことができ、早く医療現場で働けるようになる点が、専門学校を選ぶ最大のメリットと言えます。

また、専門学校ならではの強みは、業界とのつながりを活かして、医療機関への就職をサポートしてくれる点です。実際に就職率も高く、医療系コースに人気が集まる要因となっています。

医療系に限らず、専門学校には夜間部を設けている学校も多くあります。社会人として働きながら資格取得を目指すことができ、学費も安く抑えられる点もメリットです。転職のためのスキルを身に付けたいと考えている社会人の方も、専門学校のオープンキャンパスなどに是非一度足を運んでみて下さい。

専門学校で学べる事

専門学校の科目・コースのうち、特に人気があると言われているのが医療系です。少子高齢化に伴って、需要が増え続けると言われている医療関係の職業ですが、専門学校を卒業することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。当サイトでは、専門学校で学べることについて、医療系の学校を例に解説いたします。

医療系医療系の専門学校には、様々なコースがあります。そこで目指すことができる職業の中には、看護師や理学療法士、作業療法士のように、国家資格が必要なものがあります。医療系専門学校の各コースで定められた課程を修了すれば、国家試験の受験資格を得ることができます。そして、国家試験に合格すれば、卒業後はそれぞれの資格を生かして医療機関で働くことが可能になります。医療系の大学でも国家試験を目指すことは可能であり、進学を迷われる方も多いかもしれませんが、専門学校を選ぶメリットについては、別のページでご説明いたします。

また、医療事務や医療秘書のように、就職するために必須な資格がない職業もあります。就職の際にスキルをアピールするための民間の検定試験の合格を目指しながら、実務に強くなるための授業や実習を行います。医療事務・秘書コースに関しては、カリキュラム内容の実例として、後ほどご紹介いたします。

大学に比べて入試のハードルが高くなく、全日制と夜間があり、学生から社会人まで幅広い年代層の人に門戸が開かれているのが専門学校の良い点です。今から学ぶのが遅いのではないかと迷っている方も、このサイトを通じて専門学校に興味を持っていただき、将来の選択肢を増やしていただければ幸いです。